宮下隼人(東洋大)箱根駅伝2020令和の山の神!5区選出の理由とプロフィール

こんにちは!みこうさこです!

箱根駅伝2020年すごかったですね!

中でも、山登りの5区で、新・令和の山の神が誕生しました!

東洋大学の宮下隼人さんが、5区の山登りで区間新記録を打ち出しました!

どんな選手なんでしょうか?

調べてみました!

スポンサードリンク

箱根駅伝2020年の記録

区間新:1時間10分25秒

プロフィール

宮下 隼人(みやした はやと)

学年2年生
学部理工
年齢20歳
登録陸協山梨県
血液型AB型
体重58Kg
出身校富士河口湖
記録5000m:14分25秒96
10000m公認:29分20秒74
ハーフマラソン公認:1時間04分59秒

 

二代目 山の神 柏原竜二さんの記録

ハーフマラソン: 1時間03分16秒(2009年)

マラソン: 2時間20分45秒(2015年)

箱根5区を目指したきっかけ

富士河口湖高時代は、陸上部で、富士北麓の起伏の激しいコースで走り込んでだそうです。

努力して山道の上りが得意になって、箱根駅伝の5区を目指すようになった。

その後、2019年5月26日の関東学生対校選手権(関東インカレ)で、準優勝、日本人ではトップになったそうです!

そこから、注目を浴びて、認められて箱根5区を任されたんでしょうね。

東洋大の宮下隼人(2年)が1時間5分14秒で日本人トップの2位と健闘した。

 山梨・富士河口湖高時代は、全国レベルでは活躍していない。これまで学生3大駅伝の出場もない。

 「関東インカレ」と呼ばれる今大会は、関東の長距離学生ランナーにとって、箱根駅伝と並ぶビッグイベント。

「関東インカレを制する者が箱根を制す」という格言もある。学生陸上界では、ほぼ無名だった宮下が、大舞台で広く名前を売った。

「上りが得意なので、箱根駅伝では5区を走ってみたいです」と宮下は目を輝かせて話した。

 憧れの選手は、東洋大の黄金期を築いた「2代目・山の神」柏原竜二さん。
「柏原さんのような走りがしたい」。
宮下の究極の目標は「山の神」襲名だ。

引用元:スポーツ報知

柏原さんに憧れて東洋大学の陸上部に入ったそうです!

希望通り、4代目 山の神になりましたね!

良かったですね!

先輩の柏原竜二さんも喜んでいると思います!

 

スポンサードリンク

  

好きなもの

歌手:家入レオ

食べ物:ショートケーキ、チーズケーキなど

まとめ

今回の箱根駅伝は、各区間の区間新記録が連続も出て、すごかったです!

4代目 山の神が誕生して、来年からも楽しみができました!

宮下隼人さんのご活躍することを期待できますね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
参考になれたら、うれしいです!

スポンサードリンク

最新情報をチェック!
スポンサードリンク