今西駿介(東洋大)名言おもしろい!今後の進路は?アジア銅メダリスト記録とプロフ

NO IMAGE

こんにちは!みこうさこです!

今西駿介くんが4人抜きしてすごかったですね!

箱根駅伝6区区間新記録、おめでとう!

6区区間記録:57分34秒

 

 

スポンサードリンク

今西駿介プロフィール

2020年箱根駅伝区間記録:57分34秒

今西駿介 
いまにし
しゅんすけ
ラテン文字Shunsuke Imanishi
国籍 日本
競技陸上競技
種目長距離走
大学東洋大学経済学部
生年月日
血液型
1997年8月29日(22歳)
O型
出身地宮崎県高原町
身長172cm
体重55kg
自己ベスト
5000m14分08秒91(2015年)
10000m29分17秒37(2018年)
ハーフマラソン1時間03分42秒(2019年)
獲得メダル
男子  陸上競技アジアクロスカントリー選手権大会2018
貴陽シニア個人2018
貴陽シニア団体

引用元:Wikipedia

アジア大会で銅メダル獲得!

箱根駅伝の大事な山下りを任されたのも分かりますね!

でも、今まで順風満帆でここまで来たわけでは無いのです!

大学1年生時は故障がちで、2016年10月の第28回出雲全日本大学選抜駅伝にエントリーするも、補欠で出走出来なかったそうです。

その後も、大会に出られないことが続き、調子が出なかったようで、2017年の10月の第29回出雲駅伝で5区10位など、成績が振るわなかったようです。

でも、2018年の10月の第30回出雲駅伝で2年連続2回目の5区を担当、区間賞を獲得してから、記録を伸ばして区間賞を何度も出しました。

そしてメダルを取れたんですね!

諦めないで努力して掴むことができたんですね!

スポンサードリンク

今後の進路

陸上を継続して、トヨタ自動車九州に内定していて、就職し、陸上を続けるそうです。

 

おもしろエピソード

初めての出場だった第94回箱根駅伝・6区では、途中青山学院大の小野田勇次に追いつかれ、差が開く一方だった。

小田原中継所で7区・渡邉に襷を渡したあと力尽きて倒れ込み、その後日本テレビカメラマンが寝込んでいた今西を録画撮影時に「(小野田は)人間じゃねえ、アレ」と思わず呟いたそうです!

その、翌1月4日に日本テレビ系列「スッキリ」に生出演した当事者の小野田は「イヤ…までも、一応人間なんで」と苦笑いしていた。

その第95回箱根駅伝・山下りをゴール後、青学大の小野田が6区で57分57秒の区間新記録を達成した事を聞き、「えっ!小野田さん57分台?マジ??」と驚愕。

そして、小田原中継所の控え室で二人は直接対面し、今西が「やっぱ人間じゃないっすね。去年精神的にやばかったんで今年は楽に走れました」と握手しながら苦笑すると、小野田は「速かったよ、今西も」と健闘を称えあっている。

それから4日後の2019年1月7日、小野田のTwitterにおいて「#人間じゃねー」のツイートにて飲み会で再会し、笑顔のツーショット写真等が掲載されていたそうです。

なんか、アスリートライバル同士の友情というか、お互いに高め合って素敵な関係ですね!

引用元:Wikipedia

 

まとめ

今西くんが2年生まで故障や不調が続いた中、諦めず頑張って箱根で区間新記録を出せたんですね!

ストイックだけど、おもしろくて人間らしい人ですね!

オリンピックも近いので、この勢いで頑張ってほしいですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
参考になれたら、うれしいです!

スポンサードリンク