館澤亨次(東海大)山下り区間新!アジア銅メダリストに勝った理由とタイムの比較

こんにちは!みこうさこです!

館澤享次くんが箱根駅伝6区区間新記録、

57分17秒出ましたね!

しかも、メダリストの今西駿介くんに勝ちました!

6区区間記録:57分34秒

今西駿介とのタイムの比較と、2人のプロフィールを紹介します!

スポンサードリンク

プロフィール

館澤 亨次(たてざわ りょうじ)

専門は中距離走長距離走埼玉栄高校卒業、東海大学体育学部在籍

館澤 亨次
たてざわ りょうじ
フルネーム館澤 亨次
ラテン文字Ryoji Tatezawa
国籍 日本
競技陸上競技
種目中距離走長距離走
所属東海大学
生年月日1997年5月16日(22歳)
生誕地神奈川県横浜市
身長172cm
体重61kg
自己ベスト
1500m3分40秒49 (2018年)
5000m13分48秒89 (2016年)
10000m29分50秒67 (2016年)
ハーフマラソン1時間03分14秒 (2017年)

引用元:Wikipedia

スポンサードリンク

勝った理由

高校生までは、目立った成績はなかったものの、大学に入って2年生の2017年の駅伝から、優勝を8回も打ち出してきました!

大学にはいって、メキメキと力をつけて結果に繋がったんですね!

箱根駅伝の大事な山下りを任されたのも分かりますね!

 

スポンサードリンク

今西駿介プロフィール

2020年箱根駅伝区間記録:57分34秒

今西駿介 
いまにし
しゅんすけ
ラテン文字Shunsuke Imanishi
国籍 日本
競技陸上競技
種目長距離走
大学東洋大学経済学部
生年月日1997年8月29日(22歳)
出身地宮崎県高原町
身長172cm
体重55kg
自己ベスト
5000m14分08秒91(2015年)
10000m29分17秒37(2018年)
ハーフマラソン1時間03分42秒(2019年)
獲得メダル
男子  陸上競技アジアクロスカントリー選手権大会2018
貴陽シニア個人2018
貴陽シニア団体

引用元:Wikipedia

大学1年生時は故障がちで、2016年10月の第28回出雲全日本大学選抜駅伝にエントリーするも、補欠で出走出来なかったそうです。

その後も、大会に出られないことが続き、調子が出なかったようで、2017年の10月の第29回出雲駅伝で5区10位など、成績が払わなかったようです。

でも、2018年の10月の第30回出雲駅伝で2年連続2回目の5区を担当、区間賞を獲得してから、記録を伸ばして区間賞を何度も出しました。

そしてメダルを取れたんですね!

諦めないで努力して掴むことができたんですね!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

館澤と今西のタイムの比較

館澤亨次今西駿介
5000m13分48秒8914分08秒91
10000m29分50秒6729分17秒37
ハーフマラソン1時間03分14秒1時間03分42秒

5000mでは館澤亨次、10000mでは、今西駿介が速いですね。

でも、ハーフでは館澤が勝ってますが、あまり差がないですね。

館澤は今まで優勝はありますが、公式大会でのメダル経験はないようです。

長距離でメダリストの今西に勝って区間新記録をとったのは、すごい大健闘ですね!

スポンサードリンク

まとめ

今西くんが2年生まで故障や不調が続いた中、館澤くんは力をつけて追い越すことができたようです。

オリンピックも近いので、この勢いで頑張ってほしいですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
参考になれたら、うれしいです!

スポンサードリンク

最新情報をチェック!